NPO ピンクリボンかごしま

鹿児島県の乳がんの現状

 

乳がんにより亡くなる数は全国で年間1万人を超え、乳がんになる人は年間4万人以上ともいわれ、増加傾向が続いています。


全国の乳がんによる死亡率は,右肩上がりに増加しています。
鹿児島県の死亡率も,若干の増減を繰り返しながら,増加の傾向にあります。

 

 

鹿児島県の乳がんと検診についての調査事業報告

 

乳がんは、早く発見して早く治療することで治る可能性が高くなるがんです。


検診を受ける人が多くなることが、乳がんで亡くなる人を少なくする方法です。


 

そこで、鹿児島県の女性の乳がんに対する意識や乳がんの啓発の状況を把握するため、「鹿児島県共生・協働の地域社会づくり助成事業」による助成を受け、鹿児島市、薩摩川内市、鹿屋市、南さつま市、霧島市、奄美市に居住する2069の女性500人を対象に、乳がんに対する意識や乳がんの啓発の状況についてのアンケートを実施し、この結果を冊子として作成しました。

 

アンケートの質問内容は、乳房健康研究会様のご厚意により、日本の乳がん検診の状況を調査した『乳がん検診は今』調査結果報告書のアンケート内容と同様のものを使わせていただくことで、全国の状況と比較することもできます。

 

今回の調査結果をこれからの乳がんに対する知識の向上、乳がん検診の受診率の向上、乳がんの啓蒙活動に生かし、今後もこのような調査を継続的に実施したいと考えます。


乳がんを知り早く見つけるために

leaflet01.jpg

leaflet02.jpg

リーフレットは下記よりダウンロード出来ます。

「乳がんを知り早く見つけるために」リーフレットダウンロード(PDF)

 

 


鹿児島県サイト
乳がんの現状(外部サイトへリンク)


ホーム

ピンクリボンかごしまとは

乳がんを知ろう

お知らせ・イベント情報

 

ご協賛一覧

お問い合わせ

Copyright ©NPOピンクリボンかごしま All rights reserved.      ログイン